スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
触れてほしいところに触れる

★★★5/21スタート!アロマブレンドデザイナークラス

★★★5/1アロマテラピーアドバイザー認定講習会

 

深い呼吸を導くには、どうすればいいのか?

 

秘技や奥義があるのか、

滝に打たれたり、虎の穴に入ったり、

なにか苛酷なトレーニングをしないといけないのか、

 

というと、そんなことはなくて、

 

相手(受け手)が触ってほしい、

と思っているところに触れることができれば、

呼吸はあっという間に変化します。

 

難しい技術は必要ないけど、

じっさい探し当てるのは難しい。

 

相手も気づいていないことが多いので、

「どこ触ってほしい?」ときいても、

わからなかったり、

 

その方自身で自覚している部位と、

身体が触ってほしい部位が

違うこともあります。

 

トリートメントするときには、

 

「受け手の身体は、どこを触ってもらいたがってるんだろう」

と、感じようとしながら相手に触れ続けると、

 

そのうちに、

なんとなく「ここかな」というのを、

おぼろげながら感じるようになってきます。

 

手のひらや指先をセンサーにして、

受け手の身体の耳をすます。

そして、返事を待つ。

 

「ここですか?」とこちらがたずねている。

 

相手は「あ、尋ねられた。返事しよう」としている。

 

それなのに、あっというまに、

「返事がない。じゃあ、次」って行っちゃったら、

返事は届きません。

 

相手のからだが希望するところに触れると、

「そこなの〜♡」って反応が返ってきます。

 

最初は、ほぼ、まったくわかりませんが、

繰り返し耳をすましているうちに、

 

ポタリと1滴、

水道の蛇口から水が落ちるぐらいのかすかな反応を

感じるようになります。

ここは、「気のせい」とは思わずに、

「感じた」という自分の感覚を信じる。

 

あとは、ひたすら、耳をすまし続ける。

 

新人アロマセラピストさんにも、

すぐに取り入れることができるアイデアなので、

ぜひ、試してみてください。

受け手の満足度があがりますよ。

| アロマテラピートリートメント | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
深い呼吸

まちぶせ

なにしてるかですって?

いつもきてくださるO様がお見えになる時間なので、

ここ、2階の窓からみはってるんです(こわっ)。

ご所望があれば、いつでも、ごあいさつに伺いますワン。

 

★★★5/21スタート!アロマブレンドデザイナークラス

★★★5/1アロマテラピーアドバイザー認定講習会

 

犬が寝ているのを見ていると、

あるとき、ふうっと大きく息を吐いてから、

お腹をゆっくりと大きく上下させて呼吸します。

 

そんなときは、触れても反応がなく、

ただ、眠ることに集中しています。

 

からだのなかは、

そんな、大きく、深い呼吸のときに、

せっせと疲労回復をしているのでしょう。

 

トリートメントの究極の役目は、

この、深い呼吸を引き出すことなんだなと、

ふと、気づきました。

続きを読む >>
| アロマテラピートリートメント | 22:12 | comments(0) | - | pookmark |
ハンドマッサージのちから

正寿園ハンドマッサージ

 

★★★もうすぐ開講!11/27「アロマクラフト講座in五所川原」

 

今年、田茂木野にある特別養護老人ホーム「正寿園」様の、

アロマテラピー導入を支援してきました。

 

写真は、月1回開催されるアロマリフレッシュサロンでのひとこま。

スタッフの方がオープンスペースで、

希望される入居者様にハンドトリートメントをおこないます。

 

スタッフの方と入居者様、お互いに話をしながら、

なごやかなひとときを過ごされます。

 

 

続きを読む >>
| アロマテラピートリートメント | 20:22 | comments(0) | - | pookmark |
きょうのアロマ
近所の花
ご近所のオオデマリ(たぶん)。
樹全体に花がつき、とても見事な立ち姿。

きょうのお客様はスクールの卒業生。
仕事と育児、家庭を両立して毎日忙しくされています。

初めてお教室にいらした時の、
若い娘さんらしい初々しい感じから、
しっかりとした大人の女性に成長した姿に、
時の流れを感じました。

そして公私に活躍する30代のつややかさ、華やかさをイメージして
選んだ香りは
 
続きを読む >>
| アロマテラピートリートメント | 21:37 | comments(0) | - | pookmark |
こんな世界もあったんだ

ヤロウ

11/24-28出張のため、電話・メール対応お休みさせて頂きます

「こんな世界もあったんですよね」

きょうのセラピスト実技復習クラスでの印象的な言葉です。

アロマセラピスト資格取得のためには、
30回トリートメントをしてレポートを書かなくてはなりません。
期限が決まっていて、学科試験合格後2年2ヶ月以内です。

たっぷり期間があるように思いますが、
仕事やプライベート、いろいろありますから、
大人の2年2ヶ月ってあっという間です。

続きを読む >>
| アロマテラピートリートメント | 21:18 | comments(0) | - | pookmark |
期待の新人−黄色いモコモコくんたち−
「気持ちよさ」を追求するために、今年からサロンに加わった仲間たちです。

ゼンケン電熱パッド

ひとりめ、保温のためにトリートメントテーブルに敷く電熱パッド。
ゼンケン 一人用電熱パッド

今までもシーツの下には電気毛布を入れて温かくしていました。
温かいところに横になるだけでも癒されますからね〜。

ただ電熱線の配置がいまいち気に入らなかったのと、
厚みがないので敷きパッドをさらに入れなくてはいけないので、
新しいのを探していました。

そしたらちょうど、よさげなのを見つけました。
モコモコで、温かくて、その上、電磁波99%カット。これはいい感じ。

電磁波についてはいろいろ考え方がありますが、
自分が苦手なので、少しでも少ないほうがいいかな、と思いまして。

自分もこれを敷いてトリートメントを受けましたが、
前のものより熱の感触がおだやかな感じです。
もちろん肌にあたる感触もモコモコが柔らかくて気持ちよさがアップしました。

海綿スポンジ

おつぎはフェイシャルトリートメント用スポンジ。
クレイパックの拭き取りに使います。

地中海産天然海綿で最高級ファインシルク。
お肌のへのあたりがとても柔らかで気持ちいいです。

自分としてはあまりスポンジは好きではなく、
顔の皮膚が薄いのもあるのでしょうが、
フェイシャルを受けて拭き取ってもらう時も、
感触が「気持ちいい」と思ったことはありませんでした。

あるサロンに行ってフェイシャルを受けた時、
「これはスポンジなんだけど、気持ちいい〜」という体験がありました。

その時、「あ、これ海綿だろうな」と気がつきました。
小さい頃、母の化粧道具の中にあって、
マネをしてこっそり使ってみた時のあの感触でした。

エステティック専用のスポンジも悪くはないのですが、
やっぱり海綿の勝ち、というか私が好きなのです。

アロマテラピートリートメントをご指導して頂いたとても尊敬している先生に、
昨年の12月お話を伺う機会がありました。

その時こんなふうにおっしゃられたことが心に残っています。
「アロマテラピートリートメントは幸せなセラピーです。
植物のいい香りに包まれて、受けている人も、おこなう人も心地よい、
両方が気持ちのよいセラピーなんですよ」

「気持ちいい」こと、そうだよな、それだけでいいんだな。

ついつい、いろいろ追い求めちゃうけど、
ほんとうにいちばん必要で大切なのは「気持ちのいい」時間を過ごすこと。

トリートメントでもそれに勝る目的はないのだ、と再確認した時でした。

黄色いモコモコくんたちにもがんばってもらおうっと!

∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:
女子力up!のアロマを始めてみませんか!受講生募集中!
アロマテラピートリートメントで気持ちいい時間を体験!
スクール資料請求・サロンご予約→アロマテラピールームリラ
| アロマテラピートリートメント | 21:52 | comments(0) | - | pookmark |
選んで頂いて光栄です
なんでもそうですが、
第一回目というのは、そのことがらに対する印象が決まりますから、
すごく重要です。

私がアロマの扉をたたくことになったきっかけは、
アロマセラピストの友人がしてくれたボディトリートメントでした。
三十過ぎて、人生で初めての体験でした。

「この世の中に、こんな気持ちのいいものがあったのか!」

すごい衝撃を受けました。
驚愕したというか、目からウロコが100枚くらい落ちました。
おおげさなようですが、ほんとうにそういう感じでした。

それまでは誰かヒトからケアをしてもらうことは自分には必要ない、と思っていました。
それは必要がなかったのではなく、
誰からケアしてもらうことの気持ちよさを単にわかっていなかったのですよ。

「これを知っていれば、私は今までもっとラクに生きてこれたかもしれない」
そうして、ほんの少し、アロマの世界をのぞくつもりが、
どんどん深みに入っていき、今では肩までどっぷりとつかってしまいました。


きょうはアロマテラピートリートメントが初体験のお客様がおいでになりました。

リラ初体験ではなく、アロマ初体験ですから、
お客様のアロマテラピーへの印象を決めるかもしれないトリートメントなわけです。

なにはともあれ、まずはアロマへ好印象をお持ち頂くことを目標に、
ふんどしのひもをギリっとしめなおしてかからねば!と気合が入ります。
(いえ、実際にはふんどしはつけていません)

もちろん、すべてのトリートメントが一期一会で二度とない貴重なものですから、
どのトリートメントでも、ひもはギリっとしめるのですけど、

アロマ初体験の方のときは、、
きょうこれからのアロマテラピートリートメントを楽しんで頂けるように、
そしてまたいつか、どこかでアロマを思い出して楽しんで頂けるように、
願いながら、ひもを締め、さらにパンと結び目を叩く感じです。

はじめてのアロマセピストに選んで頂いてとても光栄です。
| アロマテラピートリートメント | 21:07 | - | - | pookmark |
マタニティトリートメント
赤ちゃん 


この日で会うのは三回目だけど、お顔を見るのは初めての美人さん。

三回目で、初めて顔をみる???

実は、彼女、ママのお腹のなかにいるときに
ママと一緒に、二回、マタニティトリートメントを受けているのです。

ママと赤ちゃんはつながっているので、
マタニティトリートメントはママだけではなく、赤ちゃんも受け手だからです。
だからトリートメントを始める前は、お腹の赤ちゃんにもごあいさつします。

トリートメントに対するお腹の赤ちゃんの反応は実に個性的です。

ぐうぐう寝ちゃう子。
活動的になる子。
トリートメントの手の動きに合わせて一緒に動く子。

お腹は皮膚の保湿を目的にそおっとオイルを塗るだけなのですが、
初めての時は、「なにするんだろう」と、
みんなじっーっとして、こちらの様子見な感じがします。

二回、三回と慣れてくると、
「おばちゃん、今から、お腹にオイル塗るんだよね〜。
ママがリラックスしてるから僕も好きにしようっと」とばかりに
お腹の中を楽しそうに泳いでいます。
(*あくまでもこちらの勝手な想像ですが)

ママがリラックスすると、赤ちゃんからもなんとなく楽しそうな感じが伝わってきます。

写真の美人さんは寒がりで、お腹のトリートメントの時にタオルをはずすと、
「ちょっと寒くなっちゃった!」と、ママのお腹のなかでしゃっくりをしました。
「この子、着替えなんかでお腹が出るとしゃっくりするんですよ」と、ママ談。
「寒い思いさせてごめんね」と声をかけながらのトリートメントでした。

写真を撮ったこの日はハローベビー助産院で、出産後のママのトリートメント。
この方はアロマを利用したセルフケアをなさり、順調に出産されました。
「アロマって意外に奥深いですね。はまりそうです」とおっしゃっておられました。

マタニティトリートメントは、リラクセーションのほかに、
妊婦さんに多くみられる皮膚の乾燥やかゆみ、からだの冷え、むくみなどを
和らげることも期待できます。

「次の日おつうじがたくさんあってスッキリ」
「リフレッシュできたので、家族に優しくできました」
「元気が出ました」
「お腹の赤ちゃんの動きがよくなった感じ」
「ぐっすり眠れました」
「肌のかゆみが少なくなりました」
「全身の血行がよくなったようで、しばらくポカポカしていました」
*上記は個人の感想です

リラでは、20週以降の安定期に入り、経過が順調で、定期検診を受けている方を
対象にマタニティトリートメントをさせていただいております。

ご予約の際には、かかりつけの産婦人科医または助産師の方に
「全身のアロママッサージを受けてもよい」と事前に許可を得てくださいね。

プレママ期間しか体験できない、
ベビーとふたりで楽しむマタニティトリートメントをぜひどうぞ!
| アロマテラピートリートメント | 23:58 | - | - | pookmark |
美味しいアロマテラピートリートメント


研修から帰ってきました。

東京の会場でしたが、青空や太陽の輝きはヒトを元気にしますね。
青森の冬も、雪が3日続いたら、晴れの日が2日ある、と過ごしやすいのかも。

食べ物だけじゃなくて、
空気や太陽や水、場所、風景、音、におい、一緒にいるヒトなど、
自分のまわりの環境というか、自分が出会う、接するすべてのものが、
自分を作っていく食べ物なんだなと、
いまさらながらに実感した4日間でした。

最終日の午前中はボディとお顔のトリートメントを受けました。
受付開始後、すぐ予約でいっぱいになる二ヶ月待ちのセラピストさんのサロンです。
何年も前から行きたかったのですが、予定が合わず、
今回はたまたまキャンセルが出たタイミングで運よく予約ができました。

トリートメントも、食べ物のひとつといえるでしょう。
セラピストのてのひらから伝わる、精油のちから、そして香り。
いろいろな刺激が嗅覚と触覚をとおして、からだのなかに入ってきます。
それが、からだやこころのなかで自分と反応をおこして、なにか動き始めます。

アロマテラピートリートメントと、ひとくくりで扱われますが、
セラピストによって内容は千差万別です。
ゆったり、ゆるゆる系あり、しっかり系、じっくり系あり、いろいろなジャンルあり、です。
仮に、同じ手技、同じ構成でトリートメントをおこなっても、
セラピストごとにまったく違うものになります。

お料理だって、材料が同じでも、作る人によって出来上がるものが違います。
たとえば、きんぴらごぼう。
自分で作ったのと、おかあさんが作ったの、お惣菜のもの、違います。

今回のトリートメントは、
自分とは違うジャンルの、すっごく美味しいものを頂戴して、
大、大満足でした。

たとえるなら、
自分は和食派で、ふだんはほとんど洋食は食べない、あまり興味もないタイプ。
でも、その洋食屋さんのビーフシチューは気になって、しかたない。
実際食べても、とっても美味しくて、また食べたい!と思った、という感じです。

ジャンルをこえて、誰が食べても美味しい料理、もとい、トリートメントでした。

食べ(?)終わった後は、エネルギーチャージ完了!、しゅぱ〜つ!
と、そのままの勢いで青森まで帰ってきました。
満足したせいか、朝、昼食べなくても、
お腹もすかず、「トリートメントは、やっぱり食べ物だよ」と納得。

そして今日。旅の翌日です。
いつもは結構疲れが抜けずに、でろ〜んとしてしまうのですが、
美味しいトリートメントのおかげで、気持よくシャキシャキと活動できました。
予約がとれるなら、ぜひ、また行きたい〜。

そして、わたしも、誰が食べても美味しいトリートメントをめざします。
| アロマテラピートリートメント | 18:27 | - | - | pookmark |
ハローベビー助産院でのアロマテラピートリートメント
 青森市駒込にあるハローベビー助産院では、出産後のお母様にアロマテラピートリートメントをおこなっています。

 「妊娠・出産をがんばってきたおかあさんに、こころもからだもリラックスできるなにかをしたい!」と、院長である、みぞえよしえ先生の発案で、五月中旬からスタートしました。トリートメントはリラが担当させて頂いております。

 みぞえ先生は、その理由を説明してくださいました。

 「おかあさんにとって出産はとても大変なこと。こころもからだもとてもがんばっているの。赤ちゃんのお世話もおうちのこともあるから、ここを退院してしまうと、なかなかゆっくり休むひまがないの。おうちに帰る前に、アロマテラピートリートメントを受けてもらって、自律神経のバランスを整えたり、出産時のからだの疲れをとってほしいのよね」。

 お話くださったとおり、アロマテラピーは自律神経のバランス調整にとても効果的なのです。それはアロマテラピーが「嗅覚」を使うからです。

 嗅覚中枢はヒトの本能に関係する大脳辺縁系にあります。大脳辺縁系は自律神経の大元締めである視床下部に直接影響を与えることができます。

 よい香りは「ここちよい」という感情を大脳辺縁系におこします。この刺激を受けた視床下部は、血圧や心拍数を低下させたり、消化活動を活発にしたり、毛細血管をひろげたり、というような生理反応をおこします。

 もちろんオイルを使ったマッサージですので触覚も刺激します。肌をすべるなめらかな感触や手のあたたかい感触が「ここちよさ」をわきおこすのです。それに肌(表皮)は脳・神経系と同じ外胚葉由来ですから、肌のお手入れは脳をお手入れしているのと一緒!

 自律神経を整えることはアロマテラピーのいちばんの得意分野なのです。そして先生のお母様方を想う気持ちをとても強く感じました。


 お母様方へのアロマテラピートリートメントは、お顔を除く全身を一時間ほどかけて、ていねいにおこないます。入院しているお部屋にうかがいます。妊娠・出産という大事業を終えた直後ですので、通常よりもさらにゆったりと優しいタッチを意識しています。意識するというより、自然にそうなってしまいます。

 だって、「おかあさん」はすごいです!ヒトひとりを自分のおなかの中で育てて、そして命がけでこの世にうみ出すのです。ちいさな一個の受精卵からですよ。この眼の前にいる、おだやかに優しい笑顔で、おっとり座っている女性がそんな大事業をされたなんて!尊敬!のひと言につきます。

 トリートメントのためのブレンドオイル(2008年5月現在)

  ローズオットー・・・気持ちを明るく、リラックス、身体の浄化、スキンケア
  ネロリ    ・・・気持ちを明るく、リラックス、身体の強壮、スキンケア
  ラベンダー  ・・・リラックス、自律神経のバランス調整、身体の浄化、疲労回復
  サイプレス  ・・・子宮の引締め、老廃物排出

 この世に新しいいのちが誕生する、という大きな喜びへのお祝いの気持ちと、それをなし遂げたお母様の努力とすばらしさへの敬意から、このようなブレンドになりました。もちろん、お母様方にすこしでも気持ちのよい時間をお過ごし頂きたい、体調を整えて頂きたい、という考えも含まれています。


 ハローベビー助産院では、落ち着いてトリートメントができます。

 ふつうのお家にいるような、温かな雰囲気です。先生と看護師さんの話し声や食事を調理する音がここちよいBGMとして聞こえてきて、ひとりじゃない、みんながいるって感じがします。

 こういうところで赤ちゃんを産めたらいいなと思いました。先生や看護師さんがすぐそばにいて、声が届くところにいて、しっかりサポートしてくれる安心感があります。話がしやすいし、規模が小さくて家庭的な分、ていねいに見てもらえる感じです。通院中の方のお話をきくと、妊娠中のからだづくりのアドバイスも細やかで安心です、とのことでした。出産後のお母様方のおだやかな笑顔と、からだからあふれでてくる、いきいきとした雰囲気がとても印象的です。

 みぞえ先生のお話をきくと、ひとりひとりをきちんと見て大切にされているのだなぁ、お母様方と赤ちゃんのしあわせを心から願っているのだなぁと感じます。

 おとなになると、他人から大切にされることはほとんどないと思います。その分だけ、大切にされたとき、すごく嬉しくなりますし、ありがたさがわかるのですが。

 「母親が、生まれてきた「いのち」をまるごと受けとめられる基盤をつくりたい。お母さんの心をささえるために、生まれてくる赤ちゃんのために、少しでもあたたかみのあるお産を、と願わずにはいられない。(みぞえよしえ)」
 (ハローベビー助産院案内より)

 ハローベビー助産院ホームページ 

 アロマテラピーがすこしでもママのからだとこころのリラックスにお役に立ちますように。
| アロマテラピートリートメント | 15:19 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH