【インストラクタークラス】セントジョンズワート油作り

解剖生理学の勉強のあいまに、

セントジョンズワートの浸出油作り実習のために花摘み。

オリーブオイルといっしょに漬け込みました。しばらく教室の窓辺に置いて深赤色になるまで待ちます。この色は植物色素ハイペリシンによるものです。


もうひとつの実習はロールオン。『精油のヒーリングインテリジェンス』(カート・シュナウベルト フレグランスジャーナル社)に載っていた「不眠症、ショック、悲しみのためのブレンド」レシピを再現。


ドライハーブやフランキンセンスの樹脂を入れたのはアレンジ。優しい香りというだけでなく、気持ちを落ち着かせる香りだね、いいかも、という意見で一致しました。

| インストラクタークラス | 21:30 | comments(0) | - | pookmark |
【インストラクタークラス】ケルンの水

アロマテラピー利用法という公式の実習カリキュラムは先週で終了。

でも、座学ばっかりでもつまらない。

座学と実習のときでは、みなさまの目の輝き、違います。

 

きょうはアロマテラピーの歴史からスタート。

歴史といえばコレ!「ケルンの水」(ほんとう?)

 

最新の検定公式テキストに

現代版アレンジレシピが掲載されています。

ネロリが入って、

いい香りに仕上がりました。

AEAJの検定テキストを20年近く見ていますが、

いちばん、おしゃれなデザイン。

前版より、精油のプロフィールが一新されてわかりやすいです。

 

アロマクラフトの具体的なレシピも初めて掲載されたんじゃないかな。

 

以前のものはちょっと硬派な感じで、

お勉強のための本です、という感じが強かったのですが、

ちょっと手に取ってみようかな、

と思わせる、おしゃれな装丁とレイアウト。

内容もアロマ初心者さんが知りたい!と思うような構成です。

昔と違って一般の書店にも流通しています。

 

個人的には、字が小さくなって、

悩み多き50代にはつらいところもある(笑)

| インストラクタークラス | 20:29 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH