【インストラクタークラス/グループレッスン】2019年10月スタート!

ひさびさに平日でのリクエストをいただきました。

ありがとうございます。

 

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター資格に対応。

アロマテラピー検定1級合格または受講期間内に検定1級受験予定の方が対象。

2020年3月22日実施試験の受験を目指します。

 

<2019年10月期金曜クラス>

各回3時間(10-13時)全17回 

10/4,11,18,25

11/8,15,22,29

12/6,13,20

1/17,24,31

2/7,14,21 

※このほか試験直前対策(5時間)があります。

 

受講料:150,000円

※教材費別7,560円、その他AEAJ認定公式テキストをご準備ください。

 

日程は事前のお申し出により調整可能です。

 

現在、追加で受講生を募集中です。

お問合せはこちら

または017-742-6572まで。

 

植物の香りに心ひかれ、もっと深く学びたい、

香りを活用して自分らしく健やかに生きていきたい、

自分の好きな香りを誰かに伝えたい、

看護や介護、美容など人をケアする分野の仕事で役立てたい、

という方におすすめのクラス。

 

資格対応クラスですが、資格取得だけを目的にはしていません。

 

アロマとそれに関連する人間の身体の仕組みや生活習慣を学ぶことで、自分に目を向けて、もっと自分を好きになる、生きることを楽しむ!を目的にしています。そして、自分のまわりのひともハッピーにすることも大事なこと。

 

植物の香りはひとをしあわせにします。まちがいありません。これを使わない手はありません。

 

募集中です!

【レッスン案内】9/14,9/25ハンドトリートメントブラッシュアップクラス

【レッスン案内】9/22アロマナチュラルフレグランス

| インストラクタークラス | 16:50 | comments(0) | - | pookmark |
【インストラクタークラス】試験直前対策

4月から始まったインストラクタークラス、8月上旬に終了。

 

きのうは9月におこなわれる試験直前対策クラス。

通常のカリキュラムとは別に5時間、まとめプリントで要点を復習します。

 

精油学総論や解剖生理学、健康学など、広い範囲をいっきに、むりやり?おさらい。

全体を先に把握することで、自分がやるべきことが見えてくると思うのです。

そして受験に気持ちをスイッチオン!してもらうことを目的。

 

アロマテラピー検定と比べると、インストラクター試験はぐっと難しいのでね。

 

とはいっても、いまは公式テキストがあるので、出題範囲が明確。

範囲が広いのはあいかわらずですが。

昔も今も、地道にやっていくことが合格への近道なのでしょう。

「一夜漬けはきかない。一週間漬けもきかない。二週間漬けも苦しい。最低一ヶ月は必要」なのが、インスト試験。

 

これから約一ヶ月、ファイト!

 

今回のクラスは、チャーミングな個性を持つ自立した方たちが集まりました。

クラスメイトといる時間を楽しむのがじょうずだなぁ、という印象です。

自立してるからできるわざ(!)なのかもしれません。

アロマのナビゲーター役のわたしも、いろいろ楽しませて頂きました!

ありがとうございました。

 

募集中です!

【レッスン案内】ハンドトリートメントブラッシュアップクラス

【レッスン案内】アロマナチュラルフレグランス

| インストラクタークラス | 17:46 | comments(0) | - | pookmark |
【インストラクタークラス】セントジョンズワート油作り

解剖生理学の勉強のあいまに、

セントジョンズワートの浸出油作り実習のために花摘み。

オリーブオイルといっしょに漬け込みました。しばらく教室の窓辺に置いて深赤色になるまで待ちます。この色は植物色素ハイペリシンによるものです。


もうひとつの実習はロールオン。『精油のヒーリングインテリジェンス』(カート・シュナウベルト フレグランスジャーナル社)に載っていた「不眠症、ショック、悲しみのためのブレンド」レシピを再現。


ドライハーブやフランキンセンスの樹脂を入れたのはアレンジ。優しい香りというだけでなく、気持ちを落ち着かせる香りだね、いいかも、という意見で一致しました。

| インストラクタークラス | 21:30 | comments(0) | - | pookmark |
【インストラクタークラス】ケルンの水

アロマテラピー利用法という公式の実習カリキュラムは先週で終了。

でも、座学ばっかりでもつまらない。

座学と実習のときでは、みなさまの目の輝き、違います。

 

きょうはアロマテラピーの歴史からスタート。

歴史といえばコレ!「ケルンの水」(ほんとう?)

 

最新の検定公式テキストに

現代版アレンジレシピが掲載されています。

ネロリが入って、

いい香りに仕上がりました。

AEAJの検定テキストを20年近く見ていますが、

いちばん、おしゃれなデザイン。

前版より、精油のプロフィールが一新されてわかりやすいです。

 

アロマクラフトの具体的なレシピも初めて掲載されたんじゃないかな。

 

以前のものはちょっと硬派な感じで、

お勉強のための本です、という感じが強かったのですが、

ちょっと手に取ってみようかな、

と思わせる、おしゃれな装丁とレイアウト。

内容もアロマ初心者さんが知りたい!と思うような構成です。

昔と違って一般の書店にも流通しています。

 

個人的には、字が小さくなって、

悩み多き50代にはつらいところもある(笑)

| インストラクタークラス | 20:29 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH