【今月18日はお休み】ハンドトリートメント@ココかれっじ2/19青森市

2020年2月第三水曜日、19日14〜16時

子育て応援ルーム「ココかれっじ」さんにて。

 

15名にハンドトリートメントさせて頂きました。

報告が遅れましたが、ありがとうございました!

 

この日のトリートメントオイルは、

乾燥しがちな冬の肌のためにベースオイルとしてアプリコットカーネルオイルとホホバオイルをチョイス。

長い冬の緊張をほどこうと、常夏の海辺のリゾートの解放感をイメージしてブレンド。

ママたちのためというより、自分のためですかね?

海辺のリゾート、行ったことないけど、行った気で!

透明感のある青い空と海、白い砂浜、オフショルダーが心地よい日差し、気分は20代だ…妄想全開!

ゆるみたーい!

 

オレンジ、イランイランエクストラ、パチュリ。

 

アロマ業界では定番ブレンドなのですが、

イランイランって、実は、好き嫌いがはっきりわかれる香りで、

今回のような一般の方向けには、嫌がられる可能性もありありなので、注意が必要です。

実際の香りをテスティングして、香りの強さを確認しながら、

ブレンドする精油の量の比率を調整していきます。

自分の好みだけに走らない、

強い香りはうーんとひかえめに、

ブレンド後の香りの強さもひかえめに仕上げる、たとえるなら、腹七分目かな、

といったところがポイント。

 

ちょっと、どきどきしながら、香りを確認していただいて、

「いい香り!」と喜んで頂けたので、ほっとしました。

 

オレンジ+ラベンダーというようなブレンドもよい香りで無難でいいのですけど、

続くとちょっと冒険したくなる。ま、失敗も多いけど。

ママが自分を注目しなくなると不安になるのかな?

ずっとひとりで遊んでたのに、おひざに座るんだって!

おひざに座っても、抱っこしてても、ハンドトリートメントはできるのだ。

 

2020年3月18日に予定されていたハンドトリートメントは、

ココかれっじ自体がお休みのため中止となりました。残念…。

 

★こちらでおこなってます→ココネットあおもり

前回1月のようす

今回2月のようす

 

新年度のハンドトリートメントはココネットさんとご相談の予定です。

ココネットさんにはたいへんお世話になっております!

受け入れて頂いているのはもちろんなのですが、

タオルをお持ちでないママたちのために、ご準備下さっています。

ほんとうにありがとうございます。

昨年2019年10月から今年2020年2月まで、

のべ61名の方にハンドトリートメントにご参加いただきました。

 

参加したハンドセラピストは6名。

ママたちに癒しの時間を提供したいとお話してくれたココかれっじ卒業生Mさん

アロマをはじめていちばん充実した年でしたと言ってくださったKさん

3人の子育てで忙しいなか時間をやりくりして参加してくださったTさん

みんなでアロマを楽しむってやっぱりいいな!と感じたAさん

みんなの都合がつかないとき、ピンチヒッターとして快く参加してくださったMさん

いろいろ学ぶことがありましたとお話してくれたアロマ男子Yさん

協力してくださってほんとうにありがとうございました。

 

たくさんのしあわせと楽しさを頂戴しました。

ありがとうございました!

また、ぜひお目にかかりましょう!

| アロマの活動場所 | 17:16 | comments(0) | - | pookmark |
ハンドトリートメント@ココかれっじ1/15青森市

2020年1月第三水曜日、15日14〜16時

子育て応援ルーム「ココかれっじ」さんにて。

 

ママたちにハンドトリートメントさせて頂きました。

ありがとうございます。

 

この日のトリートメントオイルの香りは、

のどや肺など呼吸系の働きを応援する樹木系を中心にブレンド。

ユーカリラディアタ、フランキンセンス、ジュニパーベリー、

シダーウッドバージニア、ブラックスプール、レモンなどなど。

前月とは真逆のすっきり、さっぱりした香り。

こちらも「いい香り!」と喜んで頂けました。

 

みなさま、楽しみにして下さっているようで、ありがとうございます!

 

かわいいベビちゃんたちを見るのもひそかな楽しみ♡

後頭部のまるーい感じとおしりが下にぽてっとあるのが私は好きです。

 

2020年1〜3月の日程は。

第3水曜日 14:00-16:00

1/15、2/19、3/18

★こちらでおこなってます→ココネットあおもり

前回12月のようす

今回1月のようす

 

子育て中のリフレッシュに、ぜひいらしてください!

フェイスタオル1枚お持ちくださいね。

 

まるい後頭部といえば、この子も。

冬毛でふさふさ。ひなたぼっこ中。

| アロマの活動場所 | 17:45 | - | - | pookmark |
ハンドトリートメント@ココかれっじ12/18青森市

12月18日水曜日14〜16時、子育て応援ルーム「ココかれっじ」さんにて。

ママたちにハンドトリートメント。

 

きょうの天気、きのうの出来事、お料理、子育てのあれこれ、

お話しながら、おひとり15〜20分ほどトリートメント。

この日は、Mさんが「クリスマスプレゼントです」と、

ママたちにアロマストーンを持ってきてくれました!

ツリーのオーナメントになりそうなデザインも!

大好きなオレンジの香りに、おちびさんたちも興味しんしん。

「ボク、精油たらす!」

「どれにしよっか?」

この日は、クリスマスが近いので、いつもより華やかな香りのブレンドで。

オレンジ、ローズ2種とラベンダー、フランキンセンス。

「いい香り!」と喜んで頂けました。

 

この日で3回目。「楽しみにしていました!」とお声掛け下さる方もいて、はげみになります。

 

来年2020年1〜3月もあります。

第3水曜日 14:00-16:00

1/15、2/19、3/18

★こちらでおこなってます→ココネットあおもり

10月のようす

11月のようす

今回12月のようす

 

子育て中のリフレッシュに、ぜひいらしてください!

| アロマの活動場所 | 13:30 | comments(0) | - | pookmark |
ハンドトリートメントボランティア@ココかれっじ青森市

先月10月16日水曜日、子育て応援ルーム「ココかれっじ」さんで、

かれっじにいらしたママたちにハンドトリートメントをさせていただきました。

 

トリートメントを受けるときは、

ココかれっじのスタッフの方がお子さんを見てくれますので、

安心してトリートメントを楽しむことができます。

 

ママが大好き!で離れられないお子さんの場合は、抱っこしていただいて片手ずつおこないます。

おひとり15分くらいの短い時間ですが、

ほっとひと息ついて頂ける時間になるといいな!

 

リラ・ナチュール受講生4名がボランティアで参加しました。

アロマで笑顔になってほしい、という気持ちを持つ方々です。

 

今月もあります。

お子さまを持つママたち、ぜひいらしてください!

 

★「ココかれっじ」ハンドトリートメントday★

 

11月20日水曜日14:00-16:00

(最終受付時間15:30)

※フェイスタオル(横長タイプ)を1枚ご持参ください。

 

子育て応援ルーム「ココかれっじ」は

青森県立保健大学C棟1階認定演習室にあります。

毎月第2・第3・第4水曜日10:00-16:00開催。

利用料は無料です。

 

明の星高校通りの入口(しまむら向い)を入ってすぐ左手の建物1階。

こんなボードがあるので、すぐわかります。

運営するのはココネットあおもりさま。

ハンドトリートメントをしたいという申し出を快く受け入れてくださいました。

わたくしたち、アロマを学ぶものにとって、学んだことを実践することは、とても大切なこと。

知識と体験が両方合わさることで使えるツールになります。

実践の場を提供してくださったココネットあおもりさまに感謝です。

| アロマの活動場所 | 12:44 | comments(0) | - | pookmark |
いいお産の日ご来場ありがとうございました

つぎつぎとお見えになるお客様。

満席が続きます。

今回デビューの初めてさん、経験豊富なベテランさん、

たくさんの生徒さんが協力してくれました。

最初は緊張していても、

しだいにトリートメントを楽しめるようになってきます。

お客様とお話しながら、

アロマを感じて一緒に過ごすおだやかな時間。

一見与えてばかりように見えますが、

ほんとうはわたしたちのほうがたくさん頂戴しています。

だから、終わったあともからっぽにはなりません。

静かな満足感が広がります。

 

参加した生徒さん何人もから、自分自身が癒された、と感想をいただきました。

 

「トリートメントすることで自家発電のようにチャージできた」

という表現をしてくださった方がいましたが、

まさしく、これがアロマテラピートリートメントの真髄でしょう。

 

決して減らない。

与えれば与えるほど、与えられるのです。

 

いいお産の日inあおもりは(一社)青森県助産師会主催です。

 

助産師の方が小中学校に出張して「いのちのお話」をされているそうです。

当日、実際の講座のダイジェスト版を拝見させて頂きました。

とても分かりやすく、小中学生といわず、大人も見るべきものでした。

「自分は愛されて生まれてきた」という認識は生涯、その人を支えるのです。

うまれーるから出てきた坊や。

 

今回はパパとママがいっしょにお出かけして、

パパが抱っこ担当のご夫婦が何組もいらっしゃいました。

以前はあまりお見掛けしなかったです。

パパが育児参加するのが自然になってきたのですね。

みんなでベビーマッサージ。

 

以前はパパにハンドトリートメントいかがですか?というと、

照れてやらない方が多かったですが、

今回はそんなことはなく、パパにも受けてもらえました。

時代の流れを感じました。

 

多くのみなさまにご来場頂きありがとうございました!

| アロマの活動場所 | 21:15 | comments(0) | - | pookmark |
自分の得意分野とアロマを組み合わせる

アロマを勉強して、おうちで何かやれないかなぁと思っているんです、

という、かわいいお嬢さんと話をしました。

 

アロマの体験講座とか、ハンドトリートメントとか、

おうちサロンいいんじゃない。めざせ、サロネーゼ。

 

ふと、お嬢さんの指先に目がとまりました。

綺麗なジェルネイルが似合っています。

 

ネイルケアをとアロマを組み合わせたらどうかな?と思いました。

ネイルオイルをつくってセルフハンドトリートメント。

 

アロマだけなら、かなり普及して、そんなにめずらしいものではなくなっています。

アロマの知識、ネット先生にきくと、いろいろ出てきます。

 

アロマを前面に出すより、アロマと自分の得意分野や趣味との組み合わせ。

オリジナル講座ができそうです。

 

子育てとアロマ、登山とアロマ、介護とアロマ、ランニングとアロマ、家事とアロマ…。脈絡がないな。得意分野がないので、あまり思いつかない。

今の自分のブームは更年期なので更年期とアロマは結構語れるかも。

 

目がきらきらして、お顔がわくわくしてて、若いって素敵。

| アロマの活動場所 | 17:47 | comments(0) | - | pookmark |
活動の場は自分で作る

アロマをやっていることをほかの人に伝えて、

イベントがあれば出展してみる、というのが ↓△任靴拭

 

とはいえ、個人個人の特徴があって、

説明するのが上手な方、苦手な方、

外交的な方、内向的な方、

いろいろなタイプの方がいます。

 

イベント出展はハードルが高いという方は、

自宅に友達や知人をよんで、

アロマを一緒に楽しむことからスタートしましょう。

 

このとき、自分でハードルをあげないように。

 

これは大事なことなので、もういちど。

自分でハードルを勝手にあげてはいけません。

 

「部屋が片付いていない」

「部屋がせまい」

「家がおしゃれじゃない」

 

自宅でやってみたら、というと、

10人中7人から、こういう返事が返ってきます。

 

自分が友達の家に遊びに行くときのことを考えてみてください。

この3つのことが気になるでしょうか?

友達のところが、3つすべてにあてはまっても遊びに行きますよね。

 

部屋が片付いていない

→掃除機をかけて、物のほこりをぬぐって整列させる

 あるいは、片付けるよい機会と思って片付けちゃえばいい

 

部屋がせまい

→とりあえず、友達と自分が座る場所があればいい

 

家がおしゃれじゃない

→だれも気にしない

 気にしているのは自分だったりします

 不潔でなければいいんです

 

お友達と楽しい時間を過ごして、

自分の大好きなアロマを知ってもらう、

というところから始める。

自分の理想を求めてハードルを勝手にあげない。

 

家族の事情などで、ほんとうに自宅が使えない場合は、

公民館や市民センターなどの公共施設で探してみると、いいですよ。

条件はありますが、

目からうろこのお安いお値段でお部屋を貸してくれます。

 

できない理由を次々に言われると、

もしかしら、活動したいって言ってるけど、

本当はそうじゃないんじゃないかな?

と、思っちゃいます、ふふふ。

 

ほんとうにやりたいんだったら、

できない理由を探すより、

どうしたらできるかを考える。

 

自分がどうしたいか、なにを大切にしたいか、って考えると、

自分らしい活動の場や、

自分らしい活動のやり方が見えてきます。

 

やってみて、あわないところは修正して、またやってみる。

楽しみましょう!

 

| アロマの活動場所 | 18:21 | comments(0) | - | pookmark |
活動の場は自分で作る

わかりにくかったので、,鬚佞燭弔砲錣韻泙靴拭

 

自分以外の人に、

自分がアロマの資格を持っていて活動していきたいこと、

自分ができることを伝えるのが第一歩でした。

 

伝えるときに気を付けることは、

自分がアロマを楽しくやっていることを

いちばんに伝えることです。

相手にアロマに関心を持ってもらうことが大事です。

 

伝えるだけでは、始まらない場合も多いので、

実際にやってみたい!と意欲のある方は、

手作り作家さんが集まるイベントや

フリーマーケットに出展するのもおすすめです。

 

イベントの情報はフリーペーパーや新聞、ネット、

意外なところで、地域の広報誌やお店のちらし置き場などで

見つけることができます。

 

子どもの学校のバザーや地域の夏祭りなどもねらい目。

 

自分が欲しい情報はないかな、どこかなと、

気にしていると、

かならず、目や耳に飛び込んでくるものです。

 

まず、実際にイベントに行ってみましょう。

 

イベントを利用者、消費者として体験することは、

活動するときの大きなヒントになります。

利用者目線は大事。

 

雰囲気が自分にあってていいなと思ったら、

イベントの主催者に、

「次回出展したいのですが、どうすればできますか?」

と問い合せます。

 

お客様を寄せるために、

新しいサービスや人をつねに募集していることが多いので、

募集条件を教えてくれるでしょう。。

 

あるいは、出展している方に、そっときいてみましょう。

自分の質問だけしないで、

出展者さんのサービスを受けてからですよ!

 

自分で仲間を募って主催するのもよいアイデアですが、

開催のノウハウを得るためにも、

いちど参加して経験を積むことをおすすめします。

 

ひとりで参加するのに抵抗があるのであれば、

アロマの仲間でなくても、

おともだちや知り合いとコラボして出展するのもありです。

占いと運気を上げるアロマスプレー作りとかね。

 

だれでもいきなり上手にはできません。

最初の一歩を踏み出して、こつこつ経験を積み重ねて進んでいきます。

どんな経験もかならず役に立ちます。

最初のうちは、経験は買ってでもすべき、と思っています。

 

つづきます。

| アロマの活動場所 | 14:11 | comments(0) | - | pookmark |
活動の場は自分で作る

アロマテラピーアドバイザー、

アロマテラピーインストラクター、

アロマセラピストの資格をとったあと、

その資格を生かしたい場合、

 

どういうふうに活動するか、

というのは、悩ましい問題でしょう。

 

アロマの仕事だけで生計をたてたいとか、

メインの仕事が別にあって副業としておこなっていきたい、

ものすごい収入は得なくてもいいから携わっていたい、

ボランティアとしてかかわっていきたい、

など、目標とするものは個人個人違うと思います。

 

それぞれの目標ごとに

やるべきことは異なりますが、

共通しているのは、

活動場所は自分で開拓する、ということです。

 

資格があるから声がかかる、ということもありますが、

そもそも、資格を持っている、

なにかしらのアロマのサービスを提供できるということを

公表したり、知人や職場の人や第三者に伝えたりしないと、

なにもはじまりません。

 

資格を持っている人はたくさんいますから、

ただ待っているだけでは、なにも始まりません。

 

まず、家族や親せき、友人、知人、職場の人など、

身近な方にアロマを勉強してるんだ、

私ができるのはこんなことよ、

と、伝えることがまずは最初の第一歩です。

| アロマの活動場所 | 20:25 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH