<< 雪片づけでハンドケア | main | 冬のアイケア裏技 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
冬の友
ウールスパッツ 

氷点下が続いた後だと、1℃でも「きょうは温かいな〜」と思えるから不思議です。
青森の冬はやっぱり寒い。

そんな厳しい青森の冬を乗り切るおすすめアイテム「もも引き」。

小さい頃は「ズボン下」ともいいましたっけ。
今風に言えば「スパッツ」。

写真はウール100%のスパッツです。
真冬はこれに限ります。
頭寒足熱といいますよね。
下肢が温かいのは健康を保つためにとても大事です。

自覚している範囲では冷え性歴13年。
ほんとは20代前半くらいからしっかり冷え性だったと思います。

若い頃は体力でなんとかもっていたものの、
30代に入るとそうもいかず、不摂生のツケがガツーンときました。

ひどいときは、靴下を2枚重ね履きしても「凍ったバナナ」足。
釘が打てそうなくらいカチカチで、
冷えすぎて感覚がない、あるいは寒くて痛い状態。
太ももやふくらはぎもいつも冷たくて、張って、痛い。

体調もすぐれないし、
こりゃまずい、なんとかしなきゃ、と思い、いろいろ調べ始めました。
そのなかに、絹スパッツがひじょうに保温性が高く、冷え性に最適とあったのです。

それまで履いていた市販のふつうの保温用スパッツは
確かに全然温かくないんですよ。
高齢者用の遠赤外線パッチ付ズボン下でもダメでしたね〜。
まぁ、それだけ身体の芯から冷えているワケです。

まずは近所の衣料品店やデパートに行ったのですが売っておらず、
ネットで検索したところ、
品質がしっかりしてそうで、お値段も手頃なお店を発見しました。

実際に検索するとわかると思うのですが、
ほんとうにいろいろな価格の商品があります。
品質に関しては、どのお店も「うちのはすばらしい」と書いてありますが、
なんでもそうですけど、実際試してみないと自分に合うかどうかはわかりません。
だから合わなくてもあきらめられる金額かどうかも重要です。

それで最初に購入したのがここの絹スパッツ(厚地)。
シルクふぁみりぃ

当たりでした。
温かくて、気持ちよくて一度履いたらやみつきに。
10月頃買って翌年の5月頃まで、
洗って干している間以外は毎日毎日履きました。
購入金額(4000円)を履いた日数(180日)で割ると、1日22円。
買いです!

厚手といっても、もこもこしておらず、市販のスパッツくらいの厚さなので、
パンツの下に着用しても外側にひびきません。

真夏以外は絹スパッツ(薄地)。
暑くないの?と思われるでしょうが、絹は暑くないんですよ。
汗をかいても吸湿性がよくてさらりとしています。

次の冬からウールスパッツにチャレンジ。
絹よりさらに温かく、手放せないです。
ウールなのでチクチクするかなぁと思ったのですが、私はだいじょうぶでした。
通気性もあるから蒸れないですよ。

やっぱり肌に直接触れるものは、綿やシルク、ウールなど天然素材がいいです。
気持ちいいし、落ち着きますねぇ。
静電気も起きにくいです。

凍ったバナナ足には靴下二枚重ね攻撃です。
ウール100%靴下+五本指ソックス。

五本指ソックスはもこもこしないように薄手のものを履いています。
ここの重ね履き用インナーソックス。
大法紡績

スパッツも五本指ソックスもいろいろなメーカーで出していますから、
お好みのものを探してみてくださいね。

まずはおうちでのリラックスタイムやお休みの日に試してみて、
気持ちのよい、温かい時間を増やしてくださいね。
| からだづくり | 22:21 | - | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:21 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH