<< こんな時こそケアを | main | イベントのお知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
樹の精油−地に足をつけるために−

4月、新クラスのスタートが続いています。

なにか新しいことを始めよう、という方、
学びたい気持ちをずっとお持ちで、この震災をきっかけに思いきって参加された方、
将来アロマに関する仕事をしたい、今の仕事に生かしたい、という方、

さまざまな想いを胸に持ってお勉強されています。
今年一年、いっしょにアロマの学びを深めてまいりましょう!

余震が続いていますが、震災後、
眠りが浅い、なんとなく不安、緊張が続く、落ち着かない、
お腹の調子が定まらない、肩や腰がこっている感じがする、など、
こころやからだの不調を感じている方が多いようです。

サロンのお客様は、頚部と頭部に、
被災地からいらしたプレママたちはお腹に、
それぞれ緊張がみられます。
こころとからだはつながっているなと、しみじみ思います。

一般的に、精神的な緊張や落ち込みには、
花や柑橘系の香りがおすすめなのですが、

不安(具体的なもの、または、漠然としたもの、どちらでも)がある、
目まぐるしく変化するまわりの状況や環境についていけない、
自分の足元が不安定な感じ、崖っぷちに立っている気分、のときには、

樹木の精油、すなわち木から抽出する精油もおすすめです。

精油は、その原料植物の実際の様子、姿を映し出します。

たとえば樹木の精油であれば、
大地にしっかりと根を張って力強く空に向かって伸びる力、
暑さや寒冷、乾燥、風、雨などの厳しい環境に負けず何十年も生存する力、
を持っています。

力はエネルギーという言葉に置き換えてることもできます。
目に見えない、成分分析表にはあらわれない、
自然から渡される大事な贈り物です。

自分が不安定な時には、樹木の力強さをわけてもらいましょう。
あるいはベチバーやアンジェリカルートなど根から抽出する精油もよいです。
安定感が増します。

樹木や根から抽出する精油がない場合は、
ベースノートやベースノートに近い精油を入れてはどうでしょうか。

わたし自身は
サンダルウッド(白檀)を入れたブレンドオイルでセルフマッサージをした時に、
「あ、なんかいいな」と思いました。
すごく落ち着く感じがしました。
サンダルウッドは心材(木の中心部)から抽出するのです。
自分の中心軸をしっかりさせる力をもらいました。
緊張がでやすいお腹やみぞおちに塗ってゆるめましょう。


機会があって、二回、被災地の方にみつろうハンドクリームを作りました。
持ち運びするので、ちょっと固めにつくりました。
レシピ覚書です。

基材は、みつろう、シアバター、ゴールデンホホバ油、マカデミアナッツ油、
カレンデュラチンキ、レスキューレメディ

★第1回精油(※は樹木の精油)
オレンジ、イランイラン、ラベンダー、ローマンカモミール、
サンダルウッド※、ミルラ※、ベンゾイン※

★第2回精油(※は樹木の精油)
ネロリ、ブルガリアローズオットー、ジャスミンabs.
ミルラ※、ベンゾイン※、青森ひば※

ハンドクリームなので、スキンケアはもちろんなのですが、
花の精油でこころを癒す、
樹木の精油で中心軸を作るをねらいました。

ただちょっと2回目は思ったより香りが立たなかったので、
ひとりよがりのブレンドだったかなと。
精油を選んでいる時は、
つらい状態にある心をなぐさめ、
少しでもゆるめることにつながればと思ったのですが、
できあがってみると、香りがはっきりしませんでした。
作った直後だったからかな?

1回目のブレンドのほうが、わかりやすい香りで、
アロマを体験したことない方にも、いい香りと思って頂けたかも。
ふわふわ、あまあま系の香りです。
実際の反応がわからないので想像なのですが。

ミルラいいです。
香りはそんなに表にでてこないのですけど、
密やかにいつも支えてる感じです。
縁の下の力持ち的な。
あと、自分が空の高いところとつながっている感じを持たせてくれます。
ひとりじゃない、でもひとりでいても安定する。
殺菌効果も高いですしね。

手渡しして下さった方からきいたのですが、
がれきの除去などの仕事で手を使う方から「ほしい」と言われたそうです。
手袋をしていても荒れますよね、きっと。

香りで一瞬でも気持ちがよくなればいいな、と思います。
∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:
女子力up!のアロマを始めてみませんか!
スクール資料請求・サロンご予約・お問合せ→アロマテラピールームリラ

| セルフケア | 21:11 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH