<< 本日のレシピ | main | 未来あるもの >>
マスクと精油

リラは3/10(土)-21(水)臨時休業いたします。
来店、電話・メール対応すべて休みです。
休み期間に頂いた電話・メールは22日以降ご連絡いたします。
マスクする人

ひさしぶりに、このブログの検索キーワードをみたところ、
「精油、マスク」、「マスク、精油、予防」というのが、いちばん多かったです。
インフルエンザや花粉症などの対策でしょうか。

マスクに精油をつけることで、
細菌やウイルスの増殖をおさえることは可能だと思います。
かからないわけではなく、
感染するリスクを、つけない場合よりは減らすことができると考えます。

つける場所は写真の中でひとさし指で示しているところ。
マスク外側の下のはしっこあたりにつけるのが適。
外側上だと、精油が揮発する際に眼にしみる可能性大。
内側だと、皮膚やくちびるについてピリピリ刺激になる可能性大。

おすすめ精油は、


インフルエンザや風邪、花粉症対策であれば、
ユーカリグロブルス、ユーカリラディアタ、ペパーミント、ティートリーがおすすめです。

マスクにつける場所は、いろいろ試した結果、外側下端でおちつきました。
前述の精油を原液でつける場合、刺激が強いので、
場所をまちがえると、眼や鼻、粘膜に結構きて、
ひーひーいう羽目におちいります。

眠気をさましたい場合は、
あえてマスク上部につけるという手もありますが、
どういう結果になっても自己責任ですね。

原液はもったいないし、強すぎるという場合は、
前述の精油でアロマスプレーを作りましょう。
それをマスク外側からこまめにスプレーします。

この時期、抗菌を目的としたアロマスプレーを持ち歩くのおすすめです。
マスクにスプレーしてもいいし、
手が洗えない場合に、てのひらにスプレーしてこすりあわせて使うこともできます。
もちろん空中にシュッシュして、空気をきれいにすることもできます。
シュッシュした香りの霧のなかをくぐるようにしてからだ全体にまとわせると、
さらに予防効果がアップするかも。

前述の精油以外にレモンやラベンダーもおすすめです。
レモンは光毒性があるので、
皮膚にスプレーした場所を直接日光にさらさないようにしましょう。

以前どれかの記事に書いたことがありますが、
生活のなかにアロマを取り入れると、
風邪やインフルエンザにかかりにくくなった、という話をよく耳にします。
日常使うことで、細菌やウイルスがからだに入り込みにくくなったり、
自律神経のバランスが調整されることで、
結果的に免疫力がアップするからでしょうか?

あと、マスクに精油を使うメリット、ありました!
一日つけてもマスクがくさくならない!
唾液がついたり、一日密閉されたりで、
以前は使い終わる頃には「くさ!」と思うことがありましたが、
精油をつけると雑菌の繁殖が抑えられるのか、「まだまだ使える」感じです。
でもだめなんですってね。
細菌やウイルスが付着しているから、
外から帰ったら、捨てなくてはいけないそうです。
じゃないと意味がないらしい。
おばさんのもったいない精神を発揮してはダメなのね。

明日からしばらく、リラお休みです。
最後に、春を知らせるローズマリーをどうぞ。
ローズマリー花開く
∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:
女子力up!のアロマを始めてみませんか!
スクール資料請求・サロンご予約・お問合せ→アロマテラピールームリラ
 

| セルフケア | 22:11 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH