<< 認知症とアロマ | main | 5月のイベント >>
認知症とアロマその後
ラベンダー

青森にも、ようやく春がきた感じがします。
今朝の空気は春のにおいがしました。
写真は去年のラベンダー。
あと3ヶ月もすると、
今の茶色だけの風景から緑色の風景になるなんて夢みたいです。

認知症アロマを追加注文された方がお品物を取りにいらっしゃいました。
感想をおききしたところ、
取りに来たご本人でなく、ご家族の方が使っていらっしゃるとのこと。

「いいみたいですよ♪
 使ってる本人たちは深く眠れるようになったって喜んでます。
 朝7時までぐっすりですって」

お年を召した方がぐっすり眠れるってすばらしいことなんです。
寝つきが悪いとか、眠りが浅いのはよくありますし、
トイレに何度も起きることも当然です。
お年を重ねると心配事やなにやらもありますし。
それが、朝までぐっすり…なんて、ラベンダー、オレンジおそるべし。
深く眠る=質の良い睡眠、なので、
からだの疲労回復に欠かせない成長ホルモンもびしっと出ます。
もちろん脳の疲労も回復します。
睡眠をとった後に、問題解決のアイデアが浮かぶことありませんか?
いい睡眠をとることは、身体にも心にも大切なことなのです。

ラベンダーやオレンジじゃなくても、
睡眠に関係する副交感神経を活発化させる香りや
自分がリラックスする、ゆるむ香りでOKです。

鼻がつまりやすい方は、
(朝起きた時に口を開けている)
鼻や喉をすっきりさせるユーカリが合う場合があります。
ユーカリは、一般的には集中力アップといわれていて、
リラックスとは縁遠い感じがありますが、
使う方の状況によっては深く眠ることに役立つのです。

ラベンダーは。デスクワーク過多、長時間のパソコン作業、
いつもなにか考えていて頭が休まらない方にも向きます。

心配事が多い方は、アロマではないですが、
バッチフラワーレメディの、レスキューナイトもおすすめです。

質の良い睡眠は、
からだとこころが元気になる好循環へのスタートです。

以前体調が悪かった頃は朝起きた時点ですでに疲れていて、
「きょうは何時に寝ようか」とパジャマをぬぐ前から考えました。
早めに就寝して睡眠時間が長くても眠りが浅いので、
いつも疲労感がありました。
それから十数年、少しずつ深く眠れるようになるにつれて、
からだとこころの元気が強まってきました。

眠りが浅い、眠りにくい原因はいろいろあって、
アロマだけですべてが解決する訳では決してありませんが、
試してみる価値はあります。

好きな香りを一滴、ティッシュにドロップして枕元においてお休みください。
強く感じるようであれば、
心地よく感じられるまで少し離して置きます。
そうして頭のてっぺんからつま先、手の先まで、
そのよい香りをすいこんで、ゆっくり息をはきます。
自分のからだ全体が、そのよい香りで満たされるイメージです。
繰り返しているうちに、眠りの森が近くなって…くるかも。

∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:∞:
女子力up!のアロマを始めてみませんか!
スクール資料請求・サロンご予約・お問合せ→リラ・ナチュール
| 香りあれこれ | 17:22 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH