<< きょうのアロマ | main | ミニレッスン >>
花粉の季節
青空
白鳥は「さようなら、さようなら」と鳴きながら北を目指し、
雲雀は空高くおしゃべりを始め、
ある鳥たちは「うふふ、おほほ」と笑いながら空を横切っていきます。

庭の雪も、受講生駐車場の雪山もすっかり溶けて、
駆け足で春がやってきました。

そして、いつもより駆け足で
花粉症と思われる症状がやってきました。

一週間前から、くしゃみ連発、水っぽい鼻水がたらりたらり。
もうティッシュは手放せず。
ついでにユーカリラディアタも手放せず。

家の中でも症状がでるので、
ユーカリラディアタをドロップしたマスクをつねに着用。
これを着けていると、鼻水がとまるような気がします。

寒気もするし、喉も痛いので、
風邪のような気もしないではないですが。

ばっちゃはひさしぶりに目がかゆいと大騒ぎ。
北海道の和ハッカ入りのジェルがあったので塗ってあげたら、
かゆみがすーっと引いたようです。

個人で反応に差があると思いますが、
ユーカリグロブルスやユーカリラディアタ、
ペパーミント、ユーカリ、ハッカ、などの香りが
症状を和らげてくれると思います。

自然療法の世界では、いろいろな観点から花粉症をとらえて解釈しています。
そのなかで、そうかもと思うのは、

身体が冷えていたり、
余分な老廃物がたまっていたり、
身体がこわばっていると、
花粉症の症状が出やすいという考え方です。

春になると、冬の緊張がとけて、
からだがゆるんでくるんですが、

冷たかったり、凝っているからだはゆるみにくいので、
くしゃみをして胸郭をゆるめたり、
鼻水を流して老廃物や老廃水を出したり、するそうです。

自分に当てはめると合っている気がしますが、
鼻水をかんで一日が終わってしまうのは、なんともはや。
仕事のとき、とくにトリートメントの時は症状がほとんど出ないので、
精神的なものも影響するのかな、とも思います。
| きょうのアロマ | 19:18 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:18 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH