<< セラピストの条件 | main | ぐいっと成長 >>
条件なんてあって、ない

セラピストクラス

アロマセラピストクラスのひとコマ。

筋肉のやや深い部分に働きかける揉捏法です。

 

前回、セラピストの条件なんて、

かっこいいタイトルをつけましたが、

実は、条件なんて、あるようで、ないんだと思います。

 

技術力が安定していることは理想ですが、

それが絶対なければ、いけないかというと、そうでもなく。

 

理想をめざすことは大事ですが、

とらわれすぎても、前に進めなくなってしまいます。

 

理想をいえば、きりがない。

ボディ、フェイシャルとも高い安定した技術力はもちろん、

ムービングやディープティシューに必要な筋力と柔軟な関節、

エネルギーワークのための繊細な感性、

柔らかく、なめらかな手のひら、

 

アロマの知識はもちろんのこと、ハーブ療法やその他の自然療法にも造詣が深く、

深い観察力と合わせて、的確なコンサルテーションをおこない、

ホスピタリティとウィットにあふれた会話で、受け手の心を癒し、

 

生活は規則正しく、

食事はハーブやオーガニック食材を使った手作り、

早朝のヨガと瞑想で心身のメンテナンス、

優しく、おだやかな性格で、

自然と植物を愛し…

 

ここまで書いてきて、もうじゅうぶん、お腹いっぱい。

いやー、こんな素敵なセラピストさんがいたら、おがんじゃう。

どこかにはいると思うけど、どこだろう。

 

自分じゃないっていうのはよくわかります(笑)

 

ある人が考えた条件というのは、

その人がそう思うのであって、それが絶対な訳ではありません。

 

自分でこうなりたい!って目標立てるのは大事です。

だけど、理想に固執しない。

 

自分がトリートメントを提供したいと強く思って、

受け手の方のことを大切にトリートメントすれば、

セラピストの最低条件はクリアしてるんじゃないかな。

いや、これも、わたしの考えなので、参考までに、ということで。

 

アロマセラピスト経験期間や

いままでの社会経験、実際の年齢などによって、

今できることや得意なことって、

個人個人違うので、

 

自分ができること、得意なことを認識して、

まずは、それを伸ばしていくようにすれば、

自分らしさが出るアロマセラピストになれると思います!

 

技術に自信がない、というのであっても、

そのなかでも、少し得意な技術がかならずあるはずです。

それを極める!というのもいいでしょうし、

 

自分の笑顔が武器という方は、

お客様の心をなごませるような笑顔を鏡の前で練習するもよし、

 

条件は自分で決めるのです。

| スクール | 16:30 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH