<< 自分のトリセツ | main | アロマブレンドデザイナークラス >>
春のわくわく感をプラス

沈丁花

先月、水分を含んだ重たい雪がどかんと降って、

あ、春の雪だな、冬の終わりが近いな、と。

 

それがあれよあれよという間に溶けて、

きょうは道路が乾いていました。

 

もう少ししたら、写真のような沈丁花も咲くことでしょう。

 

春に切り替わりつつあるのを、

からだはいつのまにか判っているのだな、と思ったのが、

今夜のデュフィーザーの香りを選ぶとき。

 

最近ずーっとラバンジンのみだったのですが、

なぜか、さわやかな柑橘系の香りも欲しくなりました。

それで、あわせたのが、

ライム。

 

プロの調香師の方がおっしゃってたんですけど、

日本人は、このライムの香りが大好きなんですって!

 

ライムを使ったお酒やカクテル、

ジン・トニックやモヒートとか、結構ありますもんね。

 

ぜんぜん関係ないですけど、

初めてライムという言葉を知ったのは、

若草物語でエイミーが塩漬けのライムを

学校に持って行ったエピソードでした。

 

ン十年前の青森では、とうていお目にかかることのできないものでしたが、

今だと、スーパーで売っていることもあります。

隔世の感あり、です。

 

それはさておき、ライムの香りは、

 

目の前に道がすっと伸びている、

目の前が透明感のあるある明るさでひろがっている、

後ろ足で地面を蹴って進む、

 

という感じがします、今のわたしには。

 

動きが停滞してた冬から、

人も自然も動き出す春への切り替えをうながすような感じ。

 

そういえば、きょうお店で手に取ったチューハイは

グレープフルーツでした。

冬のあいだは、オレンジ一辺倒だったんですけど。

なにか、すっきり感を欲しているのかもしれませんね。

| きょうのアロマ | 20:35 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:35 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH