<< 深い呼吸 | main | クレイメニュー作成中 >>
触れてほしいところに触れる

★★★5/21スタート!アロマブレンドデザイナークラス

★★★5/1アロマテラピーアドバイザー認定講習会

 

深い呼吸を導くには、どうすればいいのか?

 

秘技や奥義があるのか、

滝に打たれたり、虎の穴に入ったり、

なにか苛酷なトレーニングをしないといけないのか、

 

というと、そんなことはなくて、

 

相手(受け手)が触ってほしい、

と思っているところに触れることができれば、

呼吸はあっという間に変化します。

 

難しい技術は必要ないけど、

じっさい探し当てるのは難しい。

 

相手も気づいていないことが多いので、

「どこ触ってほしい?」ときいても、

わからなかったり、

 

その方自身で自覚している部位と、

身体が触ってほしい部位が

違うこともあります。

 

トリートメントするときには、

 

「受け手の身体は、どこを触ってもらいたがってるんだろう」

と、感じようとしながら相手に触れ続けると、

 

そのうちに、

なんとなく「ここかな」というのを、

おぼろげながら感じるようになってきます。

 

手のひらや指先をセンサーにして、

受け手の身体の耳をすます。

そして、返事を待つ。

 

「ここですか?」とこちらがたずねている。

 

相手は「あ、尋ねられた。返事しよう」としている。

 

それなのに、あっというまに、

「返事がない。じゃあ、次」って行っちゃったら、

返事は届きません。

 

相手のからだが希望するところに触れると、

「そこなの〜♡」って反応が返ってきます。

 

最初は、ほぼ、まったくわかりませんが、

繰り返し耳をすましているうちに、

 

ポタリと1滴、

水道の蛇口から水が落ちるぐらいのかすかな反応を

感じるようになります。

ここは、「気のせい」とは思わずに、

「感じた」という自分の感覚を信じる。

 

あとは、ひたすら、耳をすまし続ける。

 

新人アロマセラピストさんにも、

すぐに取り入れることができるアイデアなので、

ぜひ、試してみてください。

受け手の満足度があがりますよ。

| アロマテラピートリートメント | 22:52 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH