<< 初めてのトリートメントの仕事 | main | イランイラン −香りのイメージワーク− >>
香りのイメージワークとは
  香りのイメージワークとは、精油の香りから自由にイメージをひろげることをいいます。香りからインスピレーションを受け、自由に想像あるいは創造するのです。

 といわれても、初めての方はピンとこないと思いますので、例をあげてみましょう。

 青森リラ校の上級講座機淵ぅ鵐好肇薀タークラス)の自宅学習課題として、香りのイメージワークがあります。精油の香りをかいで、自分のこころに浮かんだことや、感じたこと、考えたことを自由に表現します。いままで提出されたものとしては、お話や絵、雑誌の切り抜きによるコラージュ、お料理(実際に作ったレシピ&写真)と、お花(実際に活けた写真)、楽曲集(曲を集めてCDにまとめる)など、いろいろありました。

 精油は、役に立つということからその薬理効果に注目があつまり、取り上げられます。薬理効果だけで精油を選ぶことは、ルックスがいい、背が高い、お金持ち、人気者、という表面的な条件だけで、ボーイフレンドに選ぶか選ばないかを決めるのと似ているかもしれません。それらの条件は、その人の一部分であって、全体ではありません。性格や人柄などの面もその人を構成する面です。精油も同じで、香りと薬理効果両方を知り、体感することが、精油全体を理解することにつながります。

 ふだん現実にあるもののみに心をうばわれている大人のわたしたちには、心のままに自由になにかを想像して表現する香りのイメージワークは、最初はちょっと手ごわく感じるかもしれませんが、精油との距離をちぢめるにはとてもよい方法です。また、「わたしってこんなこと考えてるんだ」「こんなふうに思っているんだ」という、自分のあたらしい面が発見できますよ、きっと。

 くわしいやり方は、アロマテラピー検定テキスト2級テキスト((社)日本アロマ環境協会発行)のいちばん最初にのっていますのでそちらをご覧ください。

 アロマテラピーを勉強してみようと初めて通ったスクールでは、授業ごとにインストラクター標準カリキュラムの精油からニ種類をとりあげて勉強しました。そして、その日勉強した香りのイメージワークが宿題として出されました。提出は自由でしたが、やってみたら意外とおもしろかったのでできる限りやっていました。先日、片づけをしていたところ原紙がでてきたので、その当時の記録ということで、これから折をみてご紹介していきます。
| 香りのイメージワーク | 07:16 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH