<< 11/25と27は「香りとからだの冬じたくday」 | main | 【アロマテラピーアドバイザー認定講習会】2019年2月2日開催 >>
雪道ですべってころんでおしりと頭を打ったことに対する考察

朝6時台の犬の散歩中。

 

除雪車通過後のつるんつるんの道路に、

通過後に5cmほど新雪が積もった状態。

見た目は圧雪でした。

 

50代女性(はい、わたしです)、

圧雪のつもりで、長靴で歩いていました。

 

右足を一歩踏み出したら、つるりん、とすべって、

あわててだした左足も、つるりん、とすべって、

 

これはちょっとまずいかも、と思ってすぐに、

おしりを打って、腰も打って、

あっ、これは頭もいくな、と思ったら、

予想通り、頭も打ちました。

 

直接アスファルトじゃなくて、

雪があったことと、帽子をかぶっていたので、

衝撃はあったのですが、

去年、直接アスファルトに後頭部ぶつけたとき(帽子ありです)よりは、

かなり弱く感じました。

 

とはいえ、衝撃があったので、1分ほど横になっていました。

 

手足も動くし、記憶は失ってないし、吐き気もないし、

まあ、だいじょうぶだろう、

けど、あとから、身体へひずみがくるんだよな、などと思いながら、

 

飼い犬に「ママ、痛い、痛い!」と、

声をかけてアピールしてみたのですが、

彼女は「かっちゃ、なにしちゅんず?」と、キョトンとしていました。

 

そんなことができるくらいですから、

まぁ大したことないといえば、大したことないのです。

 

とりあえず、帰りたがらない飼い犬に

「かっちゃの一大事だ!」と声を掛け、帰宅しました。

 

まずは、ホメオパシーのレメディで対処。

ショックから抜け出すアコナイトとケガしたときのアーニカ。

 

レメディをリピートして飲みながら、

 

昨年、直接アスファルトに後頭部を打ったときは、

見る見るうちにたんこぶができてきたので、

すぐにクレイパックできるようにグリーンイライト作成。

 

でも、今回はたんこぶはできず、

それよりも、首にいやーな鈍痛がありました。

 

とりあえず朝食を食べて、

そのあと、首のうしろをグリーンイライトでクレイパック。

こめかみ付近にもいやな痛みを感じたので、クレイパック。

 

一日仕事の日でしたので、乗り切るために、

 

セントジョーンズワート油とひまし油をベースに、

打撲によいといわれるペパーミントとゼラニウム、にラベンダーを加えて、

濃度も3%にして、打った背中全体に塗りました。

 

それでも、ふだんはこない眠気やだるさを少々感じる時間帯があり、

次第に首や肩、腰などに、にぶい痛みが出てきました。

 

その日はレメディをもういちどリピートして、早めに寝ました。

 

きのうが次の日でしたが、

首と鎖骨、胸骨の付近が痛くて、顔が上に向けない、

床に座ってから仰向けに寝るときに首が痛くてつらい、

仰向け寝から起き上がるときに首が痛くてつらい、状態になりました。

今度は、首の前面をグリーンイライトでクレイパック。

 

きょうは3日目ですが、

きのうより、首の痛みは和らぎましたが、

スムーズには顔を上にあげることができません。

気がつくと、猫背です。

しばらくは、からだへの影響がありそうです。

 

雪道すべってころんでおしりと頭を打つとどうなるかというと、

打ったところ以外に、ひずみがくるのがわかります。

おそらく、その人の疲れがたまっているところに影響が大きいんじゃないかと。

わたしは首がいつも凝っていて、硬いので、首の症状を感じやすいのかも。

 

そして、加齢も大いに影響しているのが、わかります。

 

2〜30代の頃も、雪道でころんだことはあったのですが、

頭を打つことはありませんでした。

そして、ころんだあとも、なんか痛いなぁぐらいで終わっていた感じです。

 

加齢によるとっさの反射力や筋力の低下、身体の硬さも、

背中だけじゃなく、頭を打つことにつながるんじゃないかと、

しみじみ思いました。

 

歳を重ねたよさも、もちろんあります。

こういう時にどうすればよいかという経験が多いことです。

できるだけ、自分への影響を小さくするためには、

なにをするべきかというのが、すぐでてきます。

痛みがとれたところで、全身のボディトリートメントを受けると、

筋肉や筋膜のこわばりがとれて、バランスがとりやすくなるんですよね。

 

ところで、頭を打った場合、頭に大きな衝撃を受けた場合は、

念のため、病院で診察を受けた方がよいと思います。

 

この記事は、50代女性が雪道でころんで、

ちょっとした打撲をしたときの個人的体験談です。

| セルフケア | 17:40 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH