<< 「世界にひとつだけの香り」 | main | ハローベビー助産院でのアロマテラピートリートメント >>
ローズマリー −香りのイメージワーク−
 ローズマリー

 英  名:Rosemary
 学  名:Rosmarinus officinalis
 科  名:シソ科  
 抽出部位:葉
 
 「学名の”Rosmarinus”は「海のしずく」という意味です。・・・「マリア様のバラ」 というニックネームがあります。・・・心身の感覚を目覚めさせ、刺激作用や頭脳明晰化作用があります。」
 (アロマテラピー検定テキスト1級 2005年5月改訂版 (社)日本アロマ環境協会発行 より引用)
---------------------------------------------------------------------------

 この香りは、のどから鼻、眉間、そしてさらにその奥へ通る感じがします。鼻の奥が少し刺激されますが、あまり後を引きません。香りをかいだ後は、眉のあたりが明るくなり、気持ちが落ち着きます。落ち着き具合は、ふかふかのソファに沈み込んでいるのではなく、硬めの椅子に背筋を伸ばして座っている、というようです。次の行動にすばやく移る体制をとっています。

 ローズマリーは二十代初めの知的でさわやかな若い女性です。

 髪は長めのショートで、前髪から横にかけて小鳥の羽のようにながれています。肌は健康的な血色があります。少しグリーンがかった瞳と陶器のような皮膚は彼女の若さを引き立てます。

 彼女は真っ白なワイシャツと細身のブルージーンズを身につけています。のど元のボタンは一つ開いていて、プラチナのチェーンと小さなダイヤモンドがのぞいています。

 私と彼女はどこかの大学の構内にある古い建物のなかにいます。中庭に面した二回の廊下を、彼女は先に立って歩いています。私をどこかに案内するようです。彼女はたびたび私を振り返り、安心させるようににこっと笑うと、かろやかな足取りで進んでいくのです。

 廊下はブルーグレーのオフィス用のじゅうたんが敷いてあります。


 最初はあまり好みの精油ではありませんでした。しかし背中の下部が痛んだときに、ローズマリーをブレンドしたオイルでマッサージをして痛みがやわらいでからは好きになりました。現金なものです。

 多少の好みはあると思いますが、私は精油の自然に由来する香りをほとんど受け入れることができると、現在のところ思っています。人工の香りは、かいでしばらくは魅力的なのですが、刺激が強すぎるし、あきてくるのです。それは、うまみ調味料と天然だしの違いとに似ています。

(1999年記)
| 香りのイメージワーク | 15:23 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH