<< ラバンディン | main | 香りを逃がさないアロマバス >>
【インストラクタークラス】セントジョンズワート油作り

解剖生理学の勉強のあいまに、

セントジョンズワートの浸出油作り実習のために花摘み。

オリーブオイルといっしょに漬け込みました。しばらく教室の窓辺に置いて深赤色になるまで待ちます。この色は植物色素ハイペリシンによるものです。


もうひとつの実習はロールオン。『精油のヒーリングインテリジェンス』(カート・シュナウベルト フレグランスジャーナル社)に載っていた「不眠症、ショック、悲しみのためのブレンド」レシピを再現。


ドライハーブやフランキンセンスの樹脂を入れたのはアレンジ。優しい香りというだけでなく、気持ちを落ち着かせる香りだね、いいかも、という意見で一致しました。

| インストラクタークラス | 21:30 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH