<< 汗の効用 | main | 真夏のセルフトリートメント >>
汗の効用

あいかわらず暑さが続いています。

気温が30℃あるとき、湿度が高いのと低いのでは、低い方が涼しく感じますね。

 

きょうはひさしぶりのメンテナンスday。

ボディとフェイスのトリートメントを受けてきました。

 

自分では疲れはそこそこあり、だけど、からだはそんなに固い感じがしない、という認識。

ですが、始まった長後に「あ、背中、固ったーい」と、はっきりわかりました。

こんなに固いとは意外。これこそ、紺屋の白袴。

自分の認識と実際のからだの状態がずれている。うーん、いかんな。

 

トリートメントを受けたあとは、汗がとめどなくわきでてきます。

ゆるむと、出るものがちゃんと出る。

からだも涼しくなります。

 

この時期、サロンのお客様のお悩みで多いのが「エアコンで冷えている」「エアコンでだるい」。

仕事やイベント、旅行などで、自分の好みに室温を調整できない状況。

「エアコンの風が直接あたる」というのもあります。

 

エアコンの風の涼しさというのは、自然の風の涼しさと違って、身体の芯から冷やす感じがします。

 

エアコンで冷えた身体のリセット法は、一日いちど、かならず汗をかく、そして、汗を出しきることです。

 

湯船、バスタブにお湯を張って、10〜15分、肩・首までしっかりつかります。

お風呂から出たら、汗が落ち着くまで、汗を出しましょう。

可能であれば、床にバスタオルをひいて、横になります。

 

汗がどんどん出てきます。

べたべたして不快とは思いますが、出したい!という身体の想いを尊重しましょう。

扇風機やエアコンの風で冷やすと、出るべき汗が引っ込んでしまいます。

とにかく、出しきります。

しばらくすると、汗の量が落ち着いてきます。

そうしたら、気持ちよい程度のぬるめのお湯にさっと入るか、シャワーを浴びて、汗を流しましょう。

 

からだが涼しく感じると思います。

 

冷えている方は、胃腸が疲れている場合も多いので、冷たい食べ物や飲み物を避けるのもよいですよ。

| からだづくり | 17:46 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH