<< 真夏のセルフトリートメント | main | 【レッスンご案内】アロマナチュラルフレグランス >>
アイスティー−お茶を水出しする−

あいかわらず、暑い日が続いています。

ごきゅ、ごきゅっ、と水分補給は欠かせません。

 

夏は麦茶が定番ですが、

家にあるお茶を水出しするの、けっこう、いけますよ〜。

 

水出しのメリットは、口あたりがよく、飲みやすいものができます。
渋みのものになる「タンニン」や

苦みのもとになる「カフェイン」が出にくくなるためです。

 

とりあえず、緑茶、紅茶など、家にあるものでOK。

 

水1リットルにつき茶葉が5〜10gぐらい。

水を容器に入れ、

リーフ(バラ)はお茶パックに入れて、ティーバッグはそのまま、ポン!

量は、お茶の種類で変わってきます。

作ってみて、自分の好みの味をさぐってみるといいです。

 

包装などにメーカーさんおすすめの分量が書いてある場合は、とりあえず、それでやってみる。

 

うちにあった試供品の緑茶は水1リットルに5gで好みの濃さに。

 

抽出時間は12時間ぐらい(緑茶は3〜5時間)と言われていますが、これも好み。

緑茶は確かに、短い方が、よけいなものが出ず、甘みとフレッシュ感がありました。

これは、タンポポ茶の水出し。

ホットより、土っぽい風味が軽減。

近所のホームセンターで買ったフルーツ酢を作る入れ物。

500ミリリットル入る、手ごろな大きさ。

多少、香りがあるものが、美味しく飲める気がします。

左側のは、ルイボスティーにドライフルーツやローズ、カレンデュラ入り。

最初、おみやげで頂いて、美味しくて取り寄せしてしまったほど。

フルーティな香りで、ふだんハーブティを飲まない方でも、違和感なく飲まれます。

 

右側は日本のお茶で、微発酵茶。

お高めの烏龍茶に似たよい香りで、後を引きます。

 

アールグレイなどのフレーバー紅茶もいけそうです。

おうちにあるもので、ぜひ、お試しください!

 

美味しいものは、みなさま、ごくごく飲みます。

消費量が美味しさのバロメーター。

 

エアコンのない、2階の暑さをものともせず、目を開けたまま寝ています。

最近の好物は、スイカとメロン。

「スイカ食べるよー」と言うと、走ってやってきて、

メロンを切っていると、いつのまにか足元にきて、「くれ」とにらみます。

からだ冷やすの、わかっているのかな〜?

 

| アロマのある生活 | 16:23 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH